2020年11月29日

バッタに負けた、東京ディズニーランド

名古屋に住んでいたころ、
車で東京ディズニーランドへ行ったことが何度かありました。

『目指せ!東京ディズニーランド!』
子どもの為に「お父さんは運転頑張る!」って、
地方の家族の「子育てあるある」ですよね?(笑)


まだ薄暗い早朝に出発、開園前にディズニーランド到着。

ファストパスなどのテクニックを駆使して最大限アトラクションを回れるよう、
まわる順番も予習済み!

我が家では「お母さんが頑張る!」ところでした。(笑)


丸一日『夢の島』を満喫し、
駐車場を出るやいなや皆がイビキをかいて爆睡するなか、
また「お父さんは運転頑張る!」。(笑)


名古屋と東京の往復、夢の島でおんぶや抱っこでヘトヘトになって、深夜に帰宅。
寝息をたててる二人の子どもを車から抱えてベッドに寝かせ、やれやれ。
一大イベントも無事終了〜。(笑)

でもまぁ、楽しい思い出を作ってあげられたなぁ〜と自己満足に浸りながら、
子どもたちの寝顔を覗いていると、目を覚ました。

「今日、何がいちばん楽しかった?(笑)」

「一緒にバッタつかまえたこと」

「ま、まじかぁ〜。。。(苦笑)」


子どもにとっては夢の島のどんなアトラクションよりも、
途中のサービスエリアで飛び回るバッタを追いかけたことが何よりも楽しかったと。。。
どのアトラクションよりも記憶に残り、至福の時だったらしい。(笑)


バッタなら目の前の公園にいるし…

おんぶや抱っこ、往復の運転でクタクタになっている自分がなんだか可笑しく、
笑いがこみ上げてきました!

 〜完〜



追加テーマ
『モノを大切にしよう!』へ
『大人と子どもの時間感覚の違い 戮
『大人と子どもの時間感覚の違い◆戮


2021年8月7日 加筆修正



Posted by satocy_1_2_3 at 16:43│Comments(0)