2020年09月30日

「褒める」とは 〜注意したり怒ってばかりの方へ〜 

「見てみて〜、できたよ〜!」

子どもが何かができて、嬉しくなってこう言ってきた時、

「あ、すごいね〜!」と言うが早いか、

「じゃあ次は〇〇できる〜?」
ってすぐさま更に上の課題にチャレンジさせていませんか?

ついつい、もっと出来るんじゃないかって親の欲がでて。(笑)

でもこれ、けっきょく出来なくなるまで続いて、
最後は「出来ない」で終わる…。(笑)

とてもよく聞く『子育てあるある』ですね〜。


子どもが「できた!」って嬉しくなって言ってきた時どうすれば良いか・・・


答えは簡単、ただ褒めれば良いんです。 (笑)


そうすれば勝手に繰り返してみたり、
もっと褒めてもらおうと、自分で更に上をチャレンジしはじめたり・・・


そのなかで工夫したり創造したりする知恵もついたりします。



実は、褒めるが早いか「じゃあ次は…」って上の課題の提示、
私が一人目の子にやってしまってた失敗例でもあります。(苦笑&反省)
 

「見てみて〜!」って言ってきた時、
「あ、すごいね〜!」のあと、

「もう一回見た〜い!」っていうのはありですね。



加筆修正中

追記テーマ
『子どもを伸ばす!縮める? 声かけとは』



Posted by satocy_1_2_3 at 22:38│Comments(0)